車買取店 車引き渡し

車買取店に車を売る場合はいつ車を引き渡すのか?について

さてほとんどの車買取(車査定)サイトには「車買取店に車を売る場合はいつ車を引き渡すのか?」という大事な部分に触れられていないような気がします。

 

どういうことか?と言えば例えば車買取店に車を売るとなった場合にあなたの車をいつ向こうに引き渡すのか?という問題があるんですね。

 

ここは盲点というか車を売ったことがない方にとっては余り思いつかないことかもしれません。

 

例えばディーラーの下取りの場合には新車が来て乗り換える日に古い車をディーラーに渡して新しい車に乗り換えるじゃないですか?

 

まあ新車じゃなくて中古車でも中古車屋さんに下取りに出して新しく買った車に乗り換えて帰ってきます。ですから余り意識していないところなのだと思われますね。

 

車買取店の場合は実は即日に引き渡しが要求される場合も?

車買取店の場合は実のところ、売ったその日に引き渡しを要求されることが多いです。

 

例えば新車を買ったが納車がまだだという場合がほとんどですよね?

 

それなのに今乗ってる車は車買取店が持っていこうとします。

 

これってヤバくないですか。しかし車買取店は売却が決まればすぐ持っていこうとします。それはその場で決めて欲しいということがあります。

 

そして次に売るのが決まった後に車の状態が変わってしまう場合があるのでそれを避けたいのです。例えば売った後にぶつけて凹みができたら売却額(査定額)は下がります。

 

しかしお金を渡した後にそういうことが起きたら困りますよね。ですから普通は車を車買取店が持っていった後に振込口座にお金が払われるということがほとんどです。

 

まずは向こうが車を確保しない限りはお金はこちらに来ないんですよね。それはそうでしょう。車は乗り物なので売却契約が結ばれた後に事故で車が損傷したら元も子もないです。お金を先払いして車がなくなったとなれば向こうは困るでしょう。そもそも商売なのでそんなことはやりません。

 

従って一見売る方にとっては不利な条件で車を売らないといけないということにはなりますね。

 

もっとも向こうが車を確保して少し経ってから口座に振り込まれるという形ですので、さすがに振り込まれないということはありません。
もしもお金が振り込まれなければタダの詐欺ですから、それはありえないだろうということです。
また万が一振り込まれなければ詐欺なので警察に行けば良いだけです。そんなリスクを犯して買取店が振り込まないことはないです。

 

ただし問題があると減額される可能性も

ただ修理歴があるのに無いと嘘をついて売った場合に後にそれが発覚したら売却額が減額されて振り込まれることがあります。

 

まあ最初に向こうが見抜けないという落ち度はあるんですがやはりあなたが嘘をついて騙して、本来よりも高い売却額を得たという事実があった場合は言い逃れができません。
警察に突き出されることはありませんが、売却額でゴネて一歩も引かないみたいなことになればあなたが訴えられかねないので辞めた方が良いです。

 

そもそも嘘をついたのはあなたですからその事実を曲げることは難しいでしょう。
黒を白に変える敏腕弁護士を付けるお金があったら諦めた方が早いです笑。

 

車買取店の引き渡しはいつにするのが良いのか?

ベストなのは納車が長い場合は納車が近くなってから売るのが良いです。
目安としては1ヶ月以内になったら売るくらいが良いのではないかと言えますね。

 

例えばそのくらいであれば普段車を使う人なら車買取店で代車を貸してくれます。
新車のディーラーで代車を貸してくれないのか?というのは難しいでしょう。
特に2〜3月の混むシーズンなんかは車検も重なって代車がないので貸してくれるところがないです。

 

車がないと困るなら下取りに出してギリギリまで乗れるようにしたら良いのでは?と逆にディーラーからは言われるでしょう。

 

ただ下取りは安いですし、買い取りの方がかなり高かったりします。だから買取店に売りに行ってるんだけどな〜という気持ちを理解してくれるディーラーもまだまだ多くはないのが現状でしょう。

 

どうしても新車ディーラーはまだまだ殿様商売的な性格があってよっぽどのお得意様(家族全員がそのディーラーで新車買ってるみたいなお客)でもない限りは懐事情まで慮ってくれないです。

 

最近値切ってくる客も多いし、一見さんもその傾向が高まっているし、高い車も売れないし、何か今一つパッとしないな…というところがディーラー店の本音としてあるでしょう。もちろんあなたがそんなことを汲む必要はないのですが向こうも商売とは言え人間ですからこんな状況では余り無理強いはできないでしょう。

 

車買取店は分かっている

まあ納車がいつだとか車がないと困るといったお客の事情は「車買取店は分かっている」ということが言えます。

 

ですから通勤で車がないと困るという前提を向こうに伝えれば無理をして今日車を持って帰らないと駄目だとか車買取店が無茶を言うことはありません。
こういう無茶をしてくるケースとしては通勤で使っていないケースで土日しか乗らない週末ドライバーとか、あとはバイクですよね。バイクで通勤している人は少ないので趣味で乗っていて査定したいということで買取店に連絡して来てもらったら「売らないと帰らない」とか玄関先で言ってるみたいな評判が多いのです。

 

乗らないんだったら売ってくれよというスタンスなのでしょうがこれも無理な営業で苦情になったりしてネットでも評判を落とすパターンです。

 

そういうことであなたの前提条件として通勤に使っていなくても車を通勤で使っている体で交渉してみるのも悪くないでしょう。
ただすぐに引き渡すことができる場合は高い査定額になるのでこの点は注意です。

 

今すぐ引き渡しできるなら査定額は高くなる理由

やはり1ヶ月後、2ヶ月後のことは分かりません。
今すぐならこの値段で!というように高い査定額が出るのは今すぐに車を引き取れるという確実性が重要だからです。

 

車屋さんは新車販売でも買取店でもノルマを抱えています。今月は○○台を買い取る必要があるというノルマがあるので確実に買い取れるなら高く買うよということで金額が高くなります。

 

下取りの場合はギリギリまで乗れるがその分、車を最後まで使うので故障や事故のリスクは高まりますので査定額は安くなりがちです。
また納車前に査定した金額が減額されることもあります。事故などで状態が変わった場合ですね。
下取りだから大丈夫ということはないのです。

 

買取も下取りも査定した時と状態が違ってくると実際に支払われる額も違ってきます。

 

特に買取では例えば2万8千キロの走行距離だった車が売るときには3万キロを超えたメーターになっていたら買取額は下がるでしょうね。
3万キロ以下というのは一つの目安でそこを超えると査定額は落ちます。
最後だから思い出に愛車で長距離ドライブしようとかやるとそんなことにもなりかねいかもしれませんね。

 

買取店に売る場合は即日渡した方が良い

いろいろあなたにも事情や心の準備があるかと思いますが車を高く売りたいなら即日渡した方が良いです。
翌日とか売ると決めた週末とかでもいいんですが。

 

必要な場合は代車を用意してくれますのでそれを利用した方が良いですね。
そうじゃないとトラブルの元になります。

 

前述にもあるように引き渡した時には車のコンディションが変わってしまって査定額が落ちるということ。
約束と違うじゃないかということで揉める原因になるでしょう。

 

しかしそういうケースでこちらが勝てる見込みは薄いです。
状態が変わってしまうと査定額がは変わってしまうからです。

 

1ヶ月後以上引き渡しを伸ばすとそういうことが起きたりしますからやはり即日引き渡しをした方が良いでしょう。
どうせ乗り換える、あるいはもう車には乗らないということで売るんでしょうから、未練なく手放した方がトラブルを回避できる確率がかなり上がります。

 

車買取 福島トップへ】